ENJOY!日本茶

ホーム
記事一覧
> おごじょ茶ん日記 vol.2

おごじょ茶ん日記 vol.2

2015.09.10

写真(1)

畑仕事がこんなに過酷だったとは・・・。
おばぁちゃんも、お母さんも凄いな~・・・。

二人の顔を思い浮かべながら
畑で働く条件みたいなものを考えてみた。

体力に自信がある事、炎天下でも元気に動ける事、クワを扱える事、かまで草を刈れる事・・・


クリアするためには、まずは体を「鹿児島モード」に変換しなくちゃね。

あっ!!
私が、お母さんの代わりに、家事をしたら助かるかな・・・?

ここはまず彼に相談。

「うちの家族は、家事も立派な仕事だと思っているから、いいかも!」

家事なんて仕事じゃない、て言われたら・・・と心配していたので、
東八重家がそうじゃなくって嬉しかった~。
大丈夫!と自信がついたところで、
さっ!大きく深呼吸し・・・
「お母さん!家事全般、買い出しから、お茶出しまで、わたしにやらせてください!!」

「それは助かるけど、大変よ。ご飯の準備が一番苦労するわよ。大丈夫?」

「まず、やってみます!」

お母さん、にっこり。(決まった!よしっ!)

「そうそう、明日新しい家族を連れてくるから宜しくね。」

写真(2) え?

「猫を飼うことにしたのよ。仕事を増やしちゃうかもしれないけど。」

正直ドキドキ・・・。 犬は飼ったことあるけど、猫は初めて。 昼間はみんな畑に出ちゃうし、私と子猫で大丈夫なの~?! 餌は? トイレは? しつけは~?????

今度は、猫のことで頭がいっぱい!

翌日小さな可愛い猫がやってきた。

名前はその時お父さんが「バカボンド」にはまっていたので「コジロー」となずけられた。名前からしてヤンチャに育ちそうな予感。

まぁ~元気!どこへ行くのも着いてくる。
私の足元でじゃれるし、カプカプ噛むし、甘えるし。

お茶の木に続き、心の友ができました。
コジローと楽しく、元気に、「家事業」が始まりました。

大変賑やかです(笑)

写真(5)

この記事を書いた執筆者

写真

東八重香織(とうばえ かおり)

栃木で生まれ育ち、縁あって、鹿児島の茶農家の跡取りと結婚。2003年から鹿児島在住。「鹿児島茶」にすっかり魅了され、鹿児島茶を広めると共に、日本茶の魅力を幅広い世代に伝えたく、オーソドックスな日本茶以外に紅茶、烏龍茶など新商品の開発にも力を入れています。世界遺産仙巌園と商品開発した「武士の紅茶」が注目を浴びるなど、少しずつ前進しています。「おいしいね」とたくさんに方にいっていただけるよう、精進していきたいと思います。