ENJOY!日本茶

ホーム
コラム
> 清水加奈『かぶせ茶農家のひとりごと』vol.19 『お茶苗植え 2019』

清水加奈『かぶせ茶農家のひとりごと』vol.19 『お茶苗植え 2019』

2018.04.09

すっかり春ですねぇ!
この間まで窓の外は、寒くて雪がちらついていたのに、、、今日は桜の花びらがちらついている。早すぎやしませんか?いっきに春が来て、いっきに夏が来そうな気配。
花粉症予報も毎日マスクをして泣いている赤いマークだし、もう体がついて行きませんよね!!
茶園では、かわいい新芽の赤ちゃんが顔を出し始めました!!だんだんと気ぜわしくなる今日この頃です。

さて、先月号でもお知らせをいたしましたが、3月といえば茶苗植え!!今年もアルバイトさんのお力をお借りして、無事に終えることができました!
今年は、3月17・18日に『さえあかり』品種を2100本。3月19~25日に『きらり31』品種を4690本植えました!合計すると6790本!!ひゃ~、改めて数字にするとすごいな。単純計算で1人1日400本植えていただきました。アルバイトさん本当にありがとうございました。
昨年、私は不注意から足の指を骨折し、茶苗植えまったくできず。そして今年はかぶせ茶カフェ営業日や雨天で1日しか出動できず。。。

 

001

 

002

 

 

今年植えた『きらり31』という品種、わが家にとって初めての品種、ニューフェイスちゃんです。『きらり31』品種のお茶、飲んだことありますか?私はお恥ずかしながら、まだ飲んだことがなく、どんな香り?どんな水色?どんな味?と成長して商品になるのがとても楽しみです!もちろん新芽に黒い覆いをかぶせて、甘みのある『かぶせ茶』にする予定ですよ。
名前もかわいい響きだから商品名は『きらり』にしようかな。31はどうしよう?っていうか、31って何??

 

003

 

そこでいつもお世話になっている普及員さんに聞いてみると、『きらり31』は宮崎県で産まれた品種で、育成番号が31番目だったようです。そしてなんと!育成番号をそのまま品種名にしたのはこの『きらり31』が初めて。へぇ~~!!
特徴としては、一般的な『やぶきた』より早生種で寒さにも強く、収量も多いそうです。また、アミノ酸も多く、色もきれいだそうです。なんだかワンランク上のお茶に最適な感じですね。ますます楽しみ~!!

現在は70種類ほどお茶の品種は育成されているようですが、その中からわが三重県(三重県中央普及センター)は、この『きらり31』を「伊勢茶戦略品種」として推進しています!!
またまた理由を普及員さんにお聞きすると、やはりやぶきたより収量が多いからだそう。でも単に多いだけではなく、作りやすく品質が良いことも大切で、三重県では品種登録される前から適応性検定試験をし、日本一の生産量「かぶせ茶」として生産しても、品質がやぶきたよりも良かった為、選ばれたそうです。
お茶の品種って、品種登録されるのは本当に僅かなうえに、このように三重県の気候やかぶせ茶生産に合っていることを検証した上で、この『きらり31』が戦略品種とされているのですから、茶農家は自信を持って愛情たっぷり育てていけば良いのですね!!

このように三重県では『きらり31』をかぶせ茶に推していますが、宮崎県では「煎茶」で、福岡県は「玉露」として増やしているそうです。一つの品種の製法違いの飲み比べという楽しみ方も面白そうですね。

私は栽培や品種の知識については、ほとんど素人で勉強不足ですが、品種違いのお茶を販売していて、商品の幅を広げたり、お茶の楽しみ方を変えたり増やしたりできることに、とても将来性を感じています。

さぁ、あと1ヶ月にはいよいよ新茶真っ盛り。ことしも事故なくケガなく無事に新茶時期が終えられるよう、家族で力を合わせて頑張ります!

かぶせ茶カフェでは毎年恒例の『新茶手摘み体験&新芽天ぷら』1カゴ20本500円を
4月26日~5月6日の間お楽しみいただけます。この期間は毎日営業しております。
ぜひ遊びにお越しくださいませ!!

 

《これまでの記事》
●vol.1三重の茶畑からこんにちは
●vol.2 へぇ~、三重県お茶事情。
●vol.3 かぶせ茶の楽しみかた
●vol.4 「ようこそ!かぶせ茶カフェへ」
●vol.5 「冬の茶畑と茶農家」
●vol.6「ise-chaのある生活」
●vol.7 「お茶植え」
●vol.8「新茶2017」
●vol.9 『新茶無事終了』
●vol.10 『夜のお仕事』
●vol.11 『かぶせ茶氷』
●vol.12 『お茶の品種』
●vol.13 『秋番茶刈り採り中です!』
●14 『滋賀 信楽朝宮へ行って来ました!』
●15 「冬仕事とみえセレクション」
●16「JGAP認証」
●17『四日市イベント@三重テラス』
●18『道の駅 みなみやましろ村』

この記事を書いた執筆者

清水加奈

清水加奈(しみずかな)

三重県の専業茶農家(有)マルシゲ清水製茶の長女に生まれ、幼い頃から跡継ぎとして育てられる。25歳の頃結婚と同時に就農。2010年に1人でも多くの方に三重のかぶせ茶を知ってもらい、ファンになってもらいたいという想いから『かぶせ茶カフェ』を開業。農業女子プロジェクトメンバー、四日市茶農家女子会メンバー、茶育指導士、二児の母。
★マルシゲ清水製茶HP: http://marushige-cha.jp/